スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

【ネタバレ有り】アナと雪の女王 超個人的解釈 Let it Go編

アナと雪の女王ネタバレ記事に、たくさんのweb拍手とコメント、本当にありがとうございます。・゜・(ノД`)・゜・。

3ヶ月前、あの記事を書いた時にはどうせ誰も見ないのに何こんな長々語ってるんだ私、とも思ったけれど、いんたーねっとってすごいね!!

そして現時点で海外で2回、日本公開後に字幕で2回、吹き替えを一回見て、記事に書いてることが実際とは違う場所がチラホラあることにも気づいてしまいましたがw

あの記事は私のその時の感想と記憶を留めた備忘録なので、そのままにしております( ̄▽ ̄)
曲名まで間違えてるけど…w
buildをbuiltにしてんのな!
文法的に間違ってる時点で気づけよ自分!;^_^A

まぁ、それはさておき。
日本語字幕や吹き替えを見て、改めて意味を理解した部分や、そこはもっとこういう意味も入ってるんじゃないの?!なんて、生意気にも思ったところがありまして。

その細かい私的解釈をまた、つらつらと書き連ねて行こうかと思います。

DLR旅行記はどうした、って?

…あはははー( ̄▽ ̄)

まぁ、そのうち、そのうちーねっ!

今は私の中のアナ雪熱が熱すぎるので、そちらを書き綴りたい時なのです!

この、熱い、つか、むしろ暑苦しい思いを残すのです( ̄▽ ̄)

んで、細かいセリフにもチラホラそんな部分はあるのですが、如何せん字幕と日本語吹き替えは、見た時に思ってもすぐ忘れちゃうので←

手元に音源のある曲から書き綴ろうと思います( ̄▽ ̄)

英語の脚本は公式でネットにあるから見られるんだけど、日本語は公開してないですもんねー

曲も、字幕は記憶に頼るしかないんですが…(−_−;)

大丈夫、そのうち字幕も覚えます!そんくらい見る予定です( ̄▽ ̄)←

で、毎度ながら前置きが長くなりましたが、ここからが本番。

本来なら本編に登場する順に…とか思ったんですが、思い入れの強い、かつ、字幕を映画館以外で見られるこちらの曲から始めようと思います( ̄^ ̄)ゞ

Let it Goに関しては、ネタバレ記事内でもかなーり語ってしまったんですが、
今回は英語の歌詞と、日本語の訳詞、そして字幕とを引用させていただき、それらの対比をしつつ語り尽くすつもりです←ウザいよ!

The snow glows white on the mountain tonight
Not a footprint to be seen.


【字幕】雪が山を覆う夜 足跡ひとつ残らない
【吹替】降り始めた雪は足跡消して
《超個人的和訳》
雪は山を白く覆い尽くして
足跡も見えない

A kingdom of isolation,
and it looks like I'm the Queen

【字幕】隔絶された王国 私はその女王【吹替】真っ白な世界に1人の私
《超個人的和訳》
孤立した王国そして私はその女王みたい


The wind is howling like this swirling storm inside
【字幕】風がうなる 心の嵐のように
【吹替】風が心に囁くの
《超個人的和訳》
風はまるで私の心の中の嵐のように吹き荒れている

Couldn't keep it in;
Heaven knows I've tried

【字幕】私の苦しみを点だけが知っている
【吹替】このままじゃダメなんだと
《超個人的和訳》
(心の中の嵐を)内に秘めておけなかった…
でも天だけは私がしてきた努力を知ってる

Don't let them in,
don't let them see
Be the good girl you always have to be

【字幕】秘密を悟られないで いつも素直な娘で
【吹替】戸惑い 傷つき 誰にも打ち明けずに
《超個人的和訳》
立ち入らせないように、気づかれないように
いつも"いい子"で居なきゃいけなかった

Conceal, don't feel,
don't let them know
Well now they know

【字幕】感情を抑えて 隠さなければ でも知られてしまった
【吹替】悩んでたそれももうやめよう
《超個人的和訳》
隠し続けて、感情を抑えてた 誰にもしられないように
けれどもうみんなに知られてしまった

Let it go, let it go
Can't hold it back anymore

【字幕】これでいいの かまわない もう何も隠せない
【吹替】ありのままの姿見せるのよ
《超個人的和訳》
これでいいんだ よかったんだ
どうせもう隠せない

Let it go, let it go
Turn away and slam the door

【字幕】これでいいの かまわない 過去に扉を閉ざすのよ
【吹替】ありのままの自分になるの
《超個人的和訳》
これでいいんだ、流れに任せて
辛かった過去とはサヨナラしよう

I don't care
what they're going to say

【字幕】もう気にしない 何を言われようとも
【吹替】何も怖くない
《超個人的和訳》
もう気にしない 誰になんと言われようと


Let the storm rage on.
The cold never bothered me anyway

【字幕】嵐よ吹き荒れるがいい 寒さなど平気よ
【吹替】風よ吹け 少しも寒くないわ
《超個人的和訳》
嵐よ巻き起これ
寒さは私を煩わせない

It's funny how some distance
Makes everything seem small

【字幕】遠くから眺めると全てが砂粒みたい
【吹替】悩んでた事が嘘みたいね
《超個人的和訳》
面白いわね、ちょっと距離を置いただけで全て小さな問題に見える


And the fears that once controlled me
Can't get to me at all

【字幕】恐れは遠く去り もう私を苦しめない
【吹替】だってもう自由よ 何でもできる
《超個人的和訳》
かつて私を支配していたあの恐怖も、もう私に追いつかない


It's time to see what I can do
To test the limits and break through

【字幕】恐れることなく未知へと突き進む
【吹替】どこまでやれるか自分を試したいの
《超個人的和訳》
さあ、自分に何ができるか知る時が来た
限界を試して、超えてしまおう


No right, no wrong, no rules for me,
I'm free!

【字幕】善悪やルールに縛られずに 私は自由よ
【吹替】そうよ変わるのよ私
《超個人的和訳》
正しいとか間違いとか、ルールなんてもうない

Let it go, let it go
I am one with the wind and sky

【字幕】これでいいの かまわない 風と空は私のもの
【吹替】ありのままで 空へ風に乗って
《超個人的和訳と解釈》
これでいいんだ、このまま進もう
私は風と空と共にある

Let it go, let it go
You'll never see me cry

【字幕】これでいいの かまわない 二度と涙は流さない
【吹替】ありのままで飛び出してみるの
《超個人的和訳》
これでいいんだ、このまま進もう
もう涙はみせない


Here I stand
And here I'll stay
Let the storm rage on

【字幕】自分の道を行く ここが私の王国 嵐よ吹き荒れるがいい
【吹替】2度と涙は流さないわ
《超個人的和訳と解釈》
私はここにいる ここが私の居場所
嵐よ巻き起これ

My power flurries through the air into the ground

【字幕】私のパワーが大気と地に満ちる
【吹替】冷たく大地を包み込み
《超個人的和訳と解釈》
私の力は大気を突き抜け大地へと吹き荒れる

My soul is spiraling in frozen fractals all around

【字幕】氷の図形のように私の魂が広がる
【吹替】高く舞い上がる 思い描いて《超個人的和訳》
私の魂は氷の中で渦を巻き

And one thought crystallizes like an icy blast
【字幕】結晶となって想いが形づくられる
【吹替】花咲く氷の結晶のように
《超個人的和訳》
想いは冷たい突風の様に形づくられていく

I'm never going back, the past is in the past

【字幕】二度と戻らない 過去は過ぎたこと
【吹替】輝いていたい そう決めたの
《超個人的和訳》
もう2度と戻らない 過去は過去のもの

Let it go, let it go
And I'll rise like the break of dawn

【字幕】これでいいの かまわない 新しい夜明け
【吹替】これで いいの 自分を好きになって
《超個人的和訳》
これでいいんだ、このまま進もう
私は夜明けの様に立ち上がる

Let it go, let it go
That perfect girl is gone

【字幕】これでいいの かまわない 理想の娘はもういない
【吹替】これでいいの 自分信じて
《超個人的和訳》
これでいいんだ、このまま進もう
かつて"いい子"はもういない

Here I stand
In the light of day

【字幕】自分の道を行く 輝く光を受けて
【吹替】光浴びながら
《超個人的和訳》
私はここにいる 陽の光を浴びて

Let the storm rage on
The cold never bothered me anyway!

【字幕】嵐よ吹き荒れるがいい 寒さなど平気よ
【吹替】歩き出そう
《超個人的和訳》
嵐よ巻き起これ
寒さは私を煩わせない



ううーん、相変わらず私の和訳はビミョー…(−_−;)

ここからは超個人的和訳の解説をば←ウザいですよ

まず、仕方のないことなのはわかっているんですが、吹き替えの場合、一音一音にひと文字ひと文字をあてなくてはならない字数制限!

だから、原語版の言葉全てを入れることは出来ないんですよねぇ。

そのせいで?個人的には、吹き替え版はすごく前向き全開に聞こえる。

なんか、ここでは、エルサは開き直りというか、どうせ…みたいな感じがあるところを、日本語だともう大丈夫\(^o^)/みたいになってる気がするというか…

考えすぎですかね?

あと、字幕は吹き替えより字数制限がまだゆるいはずなんですが、
It's time to see~からの下りがざっくり訳されてて不満なんです(−_−;)

ネタバレ記事にも書いたけど、
エルサ自身、自分がどんなことできるか知らない、っての、そこそこ大事だと個人的には思うんですよね。

後でアナにあった時にも、
I never knew what I was capable of.
って、自分が何ができるか全然知らなかった、みたいなこと言うじゃないですか!!

ずっと、大切なアナを傷つけてしまった恐ろしい力だと思っていたけど、
その大切なアナが素晴らしい、って褒めてくれるような、素敵な城を築きあげられるような力でもあったわけですよ!

個人的には絶対大切なところなのに、字幕では無くなっていて、残念でした…。・゜・(ノД`)・゜・。

吹き替えは"どこまでやれるか~"が入ってるので、そこは嬉しい( ̄▽ ̄)

けど、その後の
Here I stand and here I'll stay
が、"二度と涙は"になっていて、字幕で言う
"ここが私の王国"という意味がなくなっているのが残念…(−_−;)

この部分に関しては字幕の王国、っていう言葉を充てるのがいい(≧∇≦)

最初の方のA kingdom of isolationが、この雪山のことなんだな、と思うと、すごくしっくりくるし。

最初はこのA kingdom of isolationはエレンダルのことだと思ってたんですが、そうだとそのあとのIt looks like I'm the queen.が、ちょっと変かな?と、思ったんですよね。

だって、みたい、じゃなくて、エレンダルの女王だもんね、エルサ。

もしかしたら、少し距離をおいて、他人事のように語ってるのかもしれないんだけど…

つか、両方か??

二つの意味でな!みたいなこと!?←違うだろ

雪山には不似合いな女王の出で立ちだから、この雪山の女王みたい…ってな感じなのかな?と。

で、ここなら誰を傷つけることもなく、力の綺麗なところだけを見つめて生きていける、ここが居場所なんだ!っていう感じが…。・゜・(ノД`)・゜・。

のちに氷の城でアナと話す時に言います。
I belong here. Alone.
Where I can be who I am without hurting anybody.

ここに1人で居るわ。
ここなら誰も傷つける事なくありのままの自分で居られる

この辺りのセリフの字幕で"王国"って言葉が使われてた気がするんで、そこもナイス!と思いました←どうだったかは忘れた

なんだかれりごーの歌詞からいろんなところに飛んでてすみませんσ^_^;

で、ちゃんとLet it Goに戻りましょう。

後半の歌詞、字幕も吹き替えも好きです。
私にはうまく説明出来ないところを、いい感じに日本語にしてくれてるのです。

My power ~のあたりは、実際に画面上で起こってる現象の説明、みたいに私は捉えております。

力が大気中や地に変動を与えて、城を築きあげ、魂が周りの氷の多面体(つまりこの城のこと?)の中で渦巻いて
想いが冷たい突風の様に結晶化して行く…。
言葉より見た方がいいね!って感じですよねw
言葉で理解するのは私には難しかった。

あのシーンではエルサの力と心と想いがどんどん形になって行くところを目の当たりにできるから。

きっと言葉はいらないw

んで、その後!
その後が、吹き替えの前向き感をさらに強めてる気がするんです。

いや、前向きなんだけど、なんていうのかなぁー、本当の解決ではないわけで。

あくまでも、アナや周りの他の人々や世界を、遠ざけているままで、引きこもりの規模が大きくなっただけで、根本的な問題は解決してないじゃないですか。


んで、日本語だと花咲く氷の結晶のように
"輝いていたい そう決めたの"になってるんですよね。

これはこれで綺麗な歌詞だし、最初から日本語吹き替えだけで見ればなんとも思わないのかもしれないけど、

I'm never going back. The past is in the past.

で、ティアラを投げ捨てる、っていう、このティアラを見つめて投げ捨てる、過去を振り切る感じがいいのに…。

輝いていたいと決めたのなら別にティアラ投げなくてもいいと思うんですよねー。←

光浴びながら歩き出そう、は、なんとなくいい感じなんですが…

That perfect girl is gone.は、最初のBe the good girl~に当たる部分が吹き替えではないから、ないのは仕方ないのかもしれないけど、ちょっとさみしい…。

と、まぁ、文句ばっかり並べてしまいましたが、のちに日本語吹き替えの歌詞だけを読んで見たら、すごくいい詞だな、と、しみじみ思いましたw

前半の、このままじゃダメなんだとを引き継いで、自分を好きになって、自分を信じるんだもんねぇ。

オリジナルを尊重すると、ちょっと変だな、ってなっちゃうけど、日本語に変える段階で意味が多少変わっても、筋が通ってきちんとしているものを作るって…

やっぱりすごいよねぇー。

そして、松さんの歌唱。

はじめ、松さんが吹き替えを担当すると知り、松さんは好きだし、ミュージカルで活躍されているのは知ってるけど、エルサかぁ…(−_−;)

イディナのエルサを聴き慣れてしまうと、きっと物足りない気が…

とか思ってましたが、本当に申し訳ないくらい、素晴らしかったです!!

個人的に、迫力はやっぱりイディナには敵わないと思っちゃいましたが←

必要なのは迫力だけじゃないしw

声の伸びや、美しい響きには本当に感動しました!
松さんの舞台、見たことはあるけど、歌うものは見たことなかったから、今度はぜひミュージカルを見に行きたいです!!

さて、うざいほど色々語ってしまいましたが、今回はここまでw

思い出したら他の曲についての語りの時にまた何かしら付け足す気がします( ̄▽ ̄)

ではでは、暑苦しい記事でございましたw

スポンサーサイト
.22 2014 Category: None comment28 trackback0
 HOME 

Profile

まる

Author:まる
Disney大好き。TDR共通年パ持ち。
海外ドラマ大好き。CSI、CSI:NY、BONES、gleeとかいろいろ。基本はクライムサスペンス。あとミュージカル。
最近RWBYにはまっております。
英語学習中。学習中だけあってまだまだな英語力。

Latest trackbacks

Thank you for coming

Search form

QR code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。