スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

NYミュージカル予習~Wickedから The Wizard and I

さて、やる気のあるうちにサクサク行きましょう\(^o^)/

今回の曲は言わずと知れた有名なミュージカル、Wickedからでございます。

Wickedの曲に関しては、和訳してくださってる方がたくさんいらっしゃるので、和訳を求めるならそちらを訪れた方が良いかもしれません。

Wickedはですねぇ~、まだ観てすらいないのに、すっかりハマってましてσ^_^;
我慢できずにストーリーも全部読んじゃいましたσ^_^;

んで、ますますハマるという状態\(^o^)/

なので、この予習に関しても、無駄な感想が入りそうですσ^_^;

して、この曲はサントラでは3曲目にある曲で、エルファバとグリンダが大学に入ったあたりに歌われる曲の様です。

曲の内容も、私の余計な感想も、Wicked自体のネタバレを大いに含みますので、ネタバレを回避される方は、ここから先はお読みにならない様お勧めいたします!

それでは、今回も、WickedのThe Wizard and Iの歌詞を引用させていただきながら、自分の和訳と解釈などを綴らせていただこうと思います。

引用させていただいた歌詞は青字、私が訳したものをまとめたのは赤字、どうでも良いかもしれないけれど、自分の頭の中の整理や感想は黒字になっております。

The Wizard and I

MADAME MORRIBLE:
Oh, Miss Elphaba
Many years I have waited
For a gift like yours to appear
Why, I predict the Wizard could make you his Magic grand vizier!


predict=予言する、予報する
grand vizier=大宰相
magic grand vizierは、魔術の大宰相、ってことになるのかな?
ここのwhyは、間投詞として使われてると解釈してみる。

あぁ、エルファバさん。
何年もの間、私はあなたの様な才能を持った人を待っていました。
ウィザードはきっとあなたを彼の魔術の大宰相にすることでしょう


My dear, my dear
I'll write at once to the Wizard
Tell him of you in advance
With a talent like yours, dear
There is a defint-ish chance
If you work as you should
You'll be making good:


my dearとかdearは、訳的には親愛なる、だけど、この場合は親愛の情を込めて呼びかけてる感じ?
うまい日本語が見当たりません…_(:3」∠)_
ここでのwriteは、きっと手紙を書く、と言う意味ですよね。

defint-ishの意味が…_(:3」∠)_わからない…

ishが付くと、名詞や動詞を形容詞にしてるから、defintを調べると、そんな単語なさげなのよね…_(:3」∠)_
defineの綴り違い??
defineだと、明らかにする、と言う単語だから、define-ishでは明らかな???

わからないのでこの単語は飛ばすことにします←

すぐにウィザードに手紙を書きましょう。
あらかじめ彼にあなたのことを話しておくわ
あなたの様な才能があれば???なチャンスがあるわ
もしあなたがなすべきことをして、
上手くやれたなら…


ELPHABA:
Did that really just happen?
Have I actually understood?
This weird quirk I've tried
To suppress or hide
Is a talent that could
Help me meet the Wizard
If I make good
So I'll make good


quirk=癖、奇癖
suppress=抑え込む、抑圧する

これは本当に起こったことなの?
私はちゃんと理解してる??
ずっと抑え込もうと、隠そうとしていたこのおかしな癖(力の事?)が、私をウィザードに会わせてくれるかもしれない才能だなんて
もしも、うまくやれば…
そう、きっと上手くやるわ…!



When I meet the Wizard,
Once I prove my worth,
And then I'll meet the Wizard
What I've waited for since, Since birth!
And with all his Wizard wisdom,
By my looks, he won't be blinded
Do you think the Wizard is dumb?
Or, like Munchkins, so small-minded?
No!
He'll say to me,
"I see who you truly are -
A girl on whom I can rely!"
And that's how we'll begin
The Wizard and I:


rely=信頼する

このくだりは、全体的にふんわりとはわかりやすいけど、ちゃんと考えると難しいな…_(:3」∠)_

What I've waited for since birth

のところは、前の文と繋がってるのかな?
ウィザードと会う事は、私が生まれた時から待っていたこと、みたいな感じですかね…?
he won't be blindedのところは、なんで突然目が見えないとかでで来るの?と思ったけど、By my looksから、見た目で判断して、中身を見ようとしない的な意味の文脈なのかなぁ?
その後のdumbも、実際に耳が聞こえない、じゃなくて、耳を貸さないとか、そんな意味なのかしら、と、勝手に推測←
で、その続きはそのまんまの意味で取りますが…

ウィザードに会ったら、
すぐに私の価値を証明するわ
ウィザードに会うことは、私が生まれた時から待ち望んでいたこと!
そしてウィザードの叡智を持ってすれば、私の外見なんて気にしないわ!
ウィザードが人の話に耳を貸さないと思う?それともマンチキンの様に狭量だと思う??
そんなわけない!
ウィザードは私に言うの。
僕には君の本当の姿が見えるよ
僕が本当に信頼のおける女の子だって!

こうやって私とウィザードの物語は始まるの!


もー、この辺りから、聴く度にうるうるしてくるんですヽ(;▽;)ノ
この先のネタバレを読んでしまったせいなんですけどね。

こんなに、こんなにウィザードに憧れているのにヽ(;▽;)ノおおおおお!えるふぃーーーー!!!←こいつ、まだ観てませんからね

…続けます。
このつぎのくだりもさらに泣けるヽ(;▽;)ノ

Once I'm with the Wizard
My whole life will change
'Cuz once you're with the Wizard
No one thinks you're strange!
No father is not proud of you,
No sister acts ashamed
And all of Oz has to love you
When by the Wizard, you're acclaimed
And this gift or this curse
I have inside
Maybe at last, I'll know why
When we are hand in hand -
The Wizard and I!


acclaim=喝采を送る

ここはわからない単語もほとんどなくて、意味もすっと入ってくるから、なおさら泣けるんですヽ(;▽;)ノ

一度ウィザードと一緒に居たら
私の人生全てが変わるわ
だってウィザードと一緒にいる人間をおかしいなんて思う人は居ない!
娘を誇りに思わない父親だって居ないし
姉を恥じているふりをする妹だって居ない!!
そしてオズの全ての人が愛するの!
ウィザードの隣にいたら喝采を受けるわ
そしてこの、才能か…呪いを何故私が持って生まれたか、最後にはわかるかもしれない。
ウィザードと私が手に手を取り合うの…!


わぁぁぁぁんヽ(;▽;)ノ
えるふぃーーーー!!!。・゜・(ノД`)・゜・。
パパは、エルファバの事誇りに思ってないんだねヽ(;▽;)ノ
ネッサはエルファバのことを恥じてるフリしてるんだねヽ(;▽;)ノ

実際にはまだ観てない私にはここら辺はわからないけど、フリ、ってことはネッサは本当はエルファバの事恥じてるわけじゃないのかな?

この希望に満ちた部分を、イディナのキラキラしてる表情を浮かべながら聞いていると、もう、涙がにじむわけですよヽ(;▽;)ノ
違う意味で人生変わっちゃうんだよぉぉぉぉ!って!←だからまだ観てない

もぉ、切なくてヽ(;▽;)ノ

And one day, he'll say to me, "Elphaba,
A girl who is so superior,
Shouldn't a girl who's so good inside
Have a matching exterior?
And since folks here to an absurd degree
Seem fixated on your verdigris
Would it be all right by you
If I de-greenified you?"


superior=優れた、上級な
folks= 人々
absurd=不合理な、ヘンテコな
fixated=執着した
verdigris=緑青

de-greenifiedは造語っぽいですよね。
deは取り除く系の接頭語で、
fyは~にするって意味の動詞にしてて、
要するに緑の肌を普通にする、って意味ですよね?多分。

全体的に日本語にするの難しいですね…_(:3」∠)_

そしてある日彼が言うの
「エルファバ、君の様に優れた女性は、君の様な内面が素晴らしい人間は、それに見合った外見をもつべきじゃないかい?
そしてここに集まっている不合理な程度の人々は君のその緑青を気にしている様なんだ。
君さえ嫌じゃなければ、その肌を直そうか…?


不合理な程度の、っての日本語が不自由感満載だけどw
程度の低い、的なこといいたいのかなぁ、なんて思いました。
妄想の中で、自分を下げずんで来た周りの人間を、愚か者だと表現してるのかなぁ?などと思うわけです。

And though of course,
That's not important to me
"All right, why not?" I'll reply
Oh, what a pair we'll be
The Wizard and I;
Yes, what a pair we'll be
The Wizard and...


だけどもちろんそんなことは重要じゃないもの。
「もちろんOKよ!!」って答えるの。
あぁ、なんて素晴らしい2人!
ウィザードと私!
そう、なんて素晴らしい2人なの!ウィザードと…


ここで言う"そんなこと"は、緑色の肌のこと…ですよね?…多分?

Unlimited
My future is unlimited
And I've just had a vision
Almost like a prophecy
I know - it sounds truly crazy
And true, the vision's hazy
But I swear, someday there'll be
A celebration throughout Oz
That's all to do with me!


hazy=ぼんやりした、漠然とした

無限だわ…!
私の未来は無限だわ!!
今、ビジョンが見えたの。
ほとんど予言だけれど。
分かっているわ…本当に馬鹿げているって
そして本当は、このビジョンはぼんやりしているけど…
だけど誓うわ!
いつの日か私の行いでオズ中が喜びにつつまれる事を!!


And I'll stand there with the Wizard,
Feeling things I've never felt
And though I'd never show it,
I'd be so happy, I could melt!
And so it will be
For the rest of my life,
And I'll want nothing else
Till I die
Held in such high esteem
When people see me, they will scream
For half of Oz's favorite team;
The Wizard
And I!!!


esteem=尊敬する

Held in high esteemで、尊重される、っことですよね?

そしてウィザードとともにそこに立ったら
今まで感じたのとのない気持ちになるの!
決して周りには見せないけれど、
幸せ過ぎて、溶けてしまいそう!!
死ぬまでもう何も望むことは無いくらい!!
尊敬されて、
人々が私を見たら歓喜の声を上げる!

オズの人気のチーム!

ウィザードと私!!!



おおおおおおおおヽ(;▽;)ノ
のおおおおおおおおおヽ(;▽;)ノ

もう、切ないよぉヽ(;▽;)ノ
私、実際観たらここですでに号泣する自信があるんです。鼻セレブ足りるかな←

まぁ、それをさておいて、歌詞の中に、後々の展開を暗示するところがあるのがすごいなぁ、なんで思ったり。

Feeling things I've never felt

とか、後にAs Long As You're Mineの最後でこんな感じの事言いますよね?

あと、I could melt!とかも、ラストの方を彷彿とさせるし。

他にもありそうですが、他の曲をちゃんと理解しないとそこには気づけないかもですね…_(:3」∠)_

Wickedは一曲が長いものが多いで、苦戦しそうですが、ハマってる力を借りて、頑張りたいと思います!

訂正やご指摘、ご意見大歓迎です!
私の理解を深めてください!\(^o^)/←なんと言う他力本願

さて、次回は何にしようかなぁ…。

ではでは、今回はこの辺で
関連記事
スポンサーサイト
.17 2015 英語学習 comment2 trackback0

comment

frozenmemo
昨年コメントしたことがある者です。もう1年以上経つんですね。びっくりです。
definit-ishは字面だけでは分かりませんでしたが、検索して歌を聞いてみた感じでは、definitiveをもじっていると思いました。There is a definitive chanceで、「絶対、可能性あるわよ!」みたいな意味。
口語で-ishは、普通は名詞に付いて「○○っぽい」「○○みたいな」となる用法があります。使用例はこんな感じ。下記動画の1:00あたりから。
https://youtu.be/cn-NsWRtaSY
たぶん、これと同じようなニュアンスで「絶対っぽい」という感じなのでは、と思います。
2015.04.11 23:37
まる
1年後し?のコメント、ありがとうございます!!しかも、difinit-ishについて教えてくださるなんて!!検索もしていただいただなんて、なんとお礼を言っていいか。・゜・(ノД`)・゜・。
〜ぽい、と言う意味を作る、っての、何と無く理解できます!日本語の〜的な、みたいな感じですよね、きっと。
Frozenの曲の解釈は止まっていますが、ニューヨークミュージカル予習が落ち着いたら、また、勉強がてらちまちまやって行こうかと思いますσ^_^;
コメント、ありがとうございました!\(^o^)/
2015.04.13 22:19

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marumanma.blog.fc2.com/tb.php/28-e7dff18c

Profile

まる

Author:まる
Disney大好き。TDR共通年パ持ち。
海外ドラマ大好き。CSI、CSI:NY、BONES、gleeとかいろいろ。基本はクライムサスペンス。あとミュージカル。
最近RWBYにはまっております。
英語学習中。学習中だけあってまだまだな英語力。

Latest trackbacks

Thank you for coming

Search form

QR code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。