NYミュージカル予習~Gentlman's GuideからYou're a D'Ysquith

頑張れ私、私頑張れ、と言うことで、どうしても初めは何度も聞いてて内容が何と無くわかってるものばかりになりますが、またまたA Gentlman's Guide to Love and Murderからです。

You're a D'Ysquithは、こちらのサントラの2曲目に入っている曲です。
順番通り\(^o^)/←

物語の序盤です!
Wickedとは違い、こちらはネタバレストーリーは読んでいないので、あくまでも曲の内容で分かる部分しか私にはわかりませんが、それでも曲による多少のネタバレはあると思いますので、ネタバレ回避したい方はお読みにならないことをお勧めいたします。

それでは、今回はA Gentlman's Guide to Love and MurderのYou're a D'Ysquithの歌詞を引用させていただき、またまた私なりの訳&解釈を繰り広げながらお勉強して行こうと思います。

前回と同じく、引用させていただいた歌詞は青字、私なりの訳は赤字、その他考察などは黒字でお送りいたします。

You're a D'Ysquith

MISS SHINGLE:
Have you heard of the D'Ysquith family?

MONTY:
The D'Ysquiths? Why, yes, of course. Hasn't everyone?

MISS SHINGLE:
Then you've heard of Highhurst Castle.

MONTY:
Of course.

MISS SHINGLE:
You're aware, then, of their position, their vast wealth and influence?

MONTY:
Yes, yes. What's it got to do with me?

MISS SHINGLE:
You're a D'Ysquith

MONTY:
What?

MISS SHINGLE:
You're a D'Ysquith

MONTY:
No.

MISS SHINGLE:
Ha ha, oh.
The D'Ysquith blood is flowing through you

MONTY:
Me, a D'Ysquith?

MISS SHINGLE:
A genuine bona fide D'Ysquith

MONTY:
Rubbish.

いまいち切りどころが見つからず長くなりましたが、内容は少ないですσ^_^;
ここは会話だし、難しい単語もないのでわかりやすいのですが、実際聞くと、特にMiss Singleのイギリス訛りが酷くて、最初は全く聞き取れずヽ(;▽;)ノ

台詞をちゃんと聞き取れるか一抹の不安が…_(:3」∠)_

まぁ、予習で訛りに慣れておくように頑張ろうと思います…。

ミスシングル:
ダイスクイス一族のことを聞いたことはあるかい?
モンティ:
ダイスクイス?もちろん!みんな知ってる。
ミスシングル:
では、ハイハストの大邸宅のことは?
モンティ:
もちろん知ってる!
ミスシングル:
では彼らの地位や、莫大な資産、影響力についてはわかっているか?
モンティ:
ああ、知っているさ!それの一体何が僕に関係あるんだい?
ミスシングル:
お前はダイスクイスだ。
モンティ:
え?!
ミスシングル:
お前はダイスクイスなんだ
モンティ:
いいや
ミスシングル:
はは!お前にはダイスクイスの血が流れている!
モンティ:
僕が、ダイスクイス?!
ミスシングル:
正真正銘、本物のダイスクイスだ。
モンティ:
馬鹿馬鹿しい!

genuine=正真正銘の、本物の
bona fide=誠実な、誠意の
rubbish=馬鹿馬鹿しい、くだらない

MISS SHINGLE:
Of course, of course
Ya don't believe me, do you?


MONTY:
You must be mad.

MISS SHINGLE:
Very well, then. If your mother was not a D'Ysquith, what was her maiden name?

MONTY:
She always insisted that the only name that mattered ……was my fathers.

MISS SHINGLE:
Your mother
Lived like a princess in every way
A daughter of Lord Maximillian
Till she met your father one fateful day
She knew it was love - and yet

The family did fear she'd been led astray
By a climbing, conniving Castilian
"Oh let him go
Or else you'll know
A life you will live to regret

This is no idle threat

You're a D'Ysquith
A perfectly breedable D'Ysquith
And a D'Ysquith does her duty
Don't forget"

There was nothing your mother could say
She eloped with your father the very next day


MONTY:
So she was... disinherited?

MISS SHINGLE:
In a word. Yes. Despicable, the lot of them.

MONTY:
How awful.

わからない単語が多すぎるわ、ミスシングルの発音は相変わらずわからんわでやられますヽ(;▽;)ノ

miden mame=旧姓
fateful=運命を決する、決定的な
astray=道に迷って、惑う、迷う
conniving=人に使われる
Castilian=カスティリヤ人
or else=さもないと
idle threat=ただの脅し
breedable=breed+able
eloped=elope=駆け落ちする
disinherited=disinherit=勘当する
Despicable=見下げ果てた、卑劣な

ミスシングル:
そうだろう、そうだろう。私の言うことが信じられないんだね?
モンティ:
頭がおかしくなったんじゃないか
ミスシングル:
私は正気だよ
もしお前の母親がダイスクイスでなければ、旧姓はなんて言うんだい?

モンティ:
彼女は常にただ一つの名を名乗り続けた…それは……父の姓だ!
ミスシングル:
お前の母親はマクシミリアン卿の娘として、どこからみてもお姫様の様な暮らしをしていた。
あの運命の日にお前の父親に出会い、愛を知るまでは…!
一族はお前の母親が登山者の、人に使われる様なカスティリヤ人にそそのかされて謝った道に進むことを恐れた。
「彼を追い出すんだ!さもないと、一生後悔することになる!
これはただの脅しではない。
お前はダイスクイスの後継者を生む人間なんだ。
ダイスクイス一族は、すべきことをするよ?忘れるな!!」
お前の母親は何も言い返すことができず、そのすぐ翌日にお前の父親と駆け落ちしたのさ!!

モンティ:
それで…彼女は勘当された…?
ミスシングル:
一言でいうとな…そうだ。
全く、見下げ果てた奴らさ、ダイスクイスは。

モンティ:
なんて酷い…

最後のモンティのセリフが私の和訳に向けて言われている様で若干辛い…ヽ(;▽;)ノ
でも、綺麗な日本語じゃなくても、こんな意味のことを言ってる!ってわかれば良いんです。
私は翻訳者じゃない←開き直り

a climbing, conniving Castilianの部分は、モンティの父親のことを指してるってのはわかるんですが、登山者の、人に使われる様なカスティリヤ人て、とーちゃん、山登りの途中で紛れ込んだんですかね?
とりあえず、モンティの父親を下げずんだ言い方ってことで良いのかな?

D'Ysquith does her dutyのherは、ダイスクイス一族のことを指すんで良いのでせうか?ヽ(;▽;)ノ
やることやっちゃうよ?!出るとこ出ちゃうよ?みたいな脅し文句ですかね?


MISS SHINGLE:
Your mother
Made me promise I'd never tell
But now she is no longer living
She wanted to spare you her private hell
But I think you deserve to know

Take this knowledge and use it well
The family may yet be forgiven

This will guarantee
You've a right to be
On the family tree
And it seems to be
Indisputably
Head to toe

You're a D'Ysquith
A D-apostrophe-Y-squith
A-there can be
No other way to view it
Montague, you're a D'Ysquith


Indisputably=明白な
ここの前半は分かり易いですが、聴くだけだと相変わらずわかりません(/ _ ; )

ミスシングル:
お前の母親は私にお前にこのことを決して話さないでくれと言った…。
けれど彼女はもう亡くなった。
彼女はお前を自分の個人的なゴタゴタから遠ざけたかったんだ。
だが私はお前には知る権利があると思った。
この情報をうまく使えば、一族はいつかは許すかもしれない。

これはお前が正式なダイスクイス一族の一員であると言う証だ。
頭の先から足の先までダイスクイスだと言うな。

お前はダイスクイス!
DアポストロフィYスクイス!
疑いの余地はない、モンティギュー、お前はダイスクイス!!


ここに出てくるguaranteeは、何か文書的なものをて渡してるのかな?
歌でしか判断できないのでなんとも言えませんが、それなりの証拠がないと一族は信用ませんよね?
そして、deserveと言う単語( ̄▽ ̄)
Wickedの方で、Dancing Through The Lifeと言う曲にやたら出てくるんです( ̄▽ ̄)
そして、犯罪ドラマにも!
最近聞き取れる様になった単語なもので、出てくると嬉しい←
値する、とか、価値があるとか、そんな感じの意味ですよね。

犯罪ドラマで、これは第一級殺人に値する、的な意味でも使うので、良い意味でも悪い意味でも使うらしい。
Wickedの方では私たちお似合いよね♪みたいな意味で出て来ます。

MONTY:
I'm all of a sudden a D'Ysquith

MISS SHINGLE:
Yes!
And it's time
That everybody knew it


A-you are the son of the daughter
Of the grandson
Of the nephew
Of the fat cat Earl of Highhurst, Wooten

MONTY:
I am the son of the daughter
Of the...

BOTH:
The grandson (MONTY: Oh, sorry.)
Of the nephew
Of the second Earl of Highhurst


all of a sudden=不意に、急に
fat cat=金持ち、大物
Earl=伯爵

モンティ:
不意に僕はダイスクイス!
ミスシングル:
そう!お前はダイスクイス!
そして今こそ皆がそれを知る時だ!

お前は大物、ハイハストの第二伯爵、ウートゥンの甥の孫の娘の息子!!


モンティ:
僕は甥の孫の…ええっと…
二人:
娘の息子!!

日本語と英語だと、甥の孫の娘の息子ってとこが、逆から始まるので、僕の、出て始めた方が訳としては正しくなるんですかね?
でも、それだと英語じゃ出てこない単語が並ぶかw
僕の母の父の祖父の叔父は第二伯爵…?

頭こんがらがって来た…_(:3」∠)_

MONTY:
The thought occurred: why should I believe a woman who might very well be insane?
And yet, there seems to be an air of authenticity to this document.

I'm a D'Ysquith
(MISS SHINGLE: You're a D'Ysquith)
It would seem I'm a D'Ysquith

MISS SHINGLE:
You're a D'Ysquith

Montague
I picture you
At Highhurst


MONTY:
Yesterday, I was Monty Navarro

MISS SHINGLE:
You could be it all tomorrow

MONTY:
And Highhurst could be My-hurst

I'm a D'Ysquith

MISS SHINGLE:
You're a D'Ysquith

BOTH:
A D'Ysquith
A D'Ysquith
A D'Y... squith


とうとう最後の段落です\(^o^)/
insane=正気でない、狂気の
authenticity=確実性

モンティ:
ふと思う…。
なぜ、正気ではないかもしれない彼女の言うことを信じなくてはならない…?
それはしかしながらこの文書は確実性のある雰囲気がある…。


僕はダイスクイス!
どうやらダイスクイスの様だ!


ミスシングル:
お前はダイスクイスさ!モンティギュー、お前がハイハスト邸にいる姿が目に浮かぶ!
モンティ:
昨日、僕はモンティ・ナバーロ
ミスシングル:
明日には実現するかもしれない!
モンティ:
ハイハスト邸が僕の物になるかもしれない!!
僕はダイスクイス!

ミスシングル:
お前はダイスクイス!
二人:
ダイスクイス!
ダイスクイス!
ダイ!…スクイス!


英語ならではのニュアンスは日本語に変えた時に残せません(/ _ ; )
Highhust could be My-hustの辺りとか好きです。
文字って自分の物、って表現してる、ってことですよね?
…私の解釈あってますか…?ヽ(;▽;)ノ

とりあえず、サクサク進めないと終わらないので、今回はこの辺で…

こちらも、訂正、ご意見大募集でございます\(^o^)/

私の理解を深めてください←

では、また次回!!










関連記事
スポンサーサイト
.24 2015 英語学習 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://marumanma.blog.fc2.com/tb.php/29-7f46849d

Profile

まる

Author:まる
Disney大好き。TDR共通年パ持ち。
海外ドラマ大好き。CSI、CSI:NY、BONES、gleeとかいろいろ。基本はクライムサスペンス。あとミュージカル。
最近RWBYにはまっております。
英語学習中。学習中だけあってまだまだな英語力。

Latest trackbacks

Thank you for coming

Search form

QR code

QR