ご無沙汰しておりますσ^_^;

最後の更新から約一年、生きておりました、まるでございます。

アナ雪のブームとともに訪れた来訪者いっぱいな状態にビビって、いつの間にか更新しなくなっておりました。


ま、実のところ単にサボってだけなんですが…σ^_^;

アナ雪の曲の解釈、結局Let it Goで終わってしまいましたが、私なんぞよりよっぽど英語ができる方達がたくさん検証してらっしゃるので、私はいいかな、なんて←

さて、ここ最近の私はともうしますと、来月、ニューヨークに行きます!\(^o^)/

もちろん旅行ね。

英会話を習い始めた時からの夢、ブロードウェイのミュージカルを観る、を叶える時が来ました\(^o^)/

飛行機はもちろん、ホテルも、滞在中に観るミュージカルのチケットも確保いたしまして、もう、心はニューヨーク!って感じです。

ただ、不安なのは、自分の英語力…ヽ(;▽;)ノ

日々精進はしていますが、こればっかりは若くない頭にはなかなか入っていかず…σ^_^;

行って、観て、楽しめないと嫌なので、予習をしようと決めました!

複数人数で歌われると壊滅的に聞き取りができないし、複数人数でなくても、歌われちゃうと私の耳には聞き取りはかなり困難なので、とりあえず、歌だけでも内容理解してから行こう!と、思うのです。

で、何故この記事のカテゴリが英語学習なのかといいますと、今回私が観るミュージカルの曲を、予習する記事にするからなのでございます!

出発までに全部できるとは思えませんが、ニューヨークでミュージカルを思い切り楽しむために頑張ろうと思います!\(^o^)/

現在、観る予定のミュージカルは以下の8本。

Aladdin
Wicked
On The 20th Century
Finding Neverland
A Gentleman's Guide to Love and Murder
AvenueQ
Hedwig and the Angry Inch
NY Spring Spectacular


英会話のインストラクターにCrazy!と言われましたけどね、はい。

そのために行くんだもん!詰められるだけ詰めましたよ!!

で、そのうちサントラを購入したものが4本。
Wicked
AvenueQ
A Gentleman's Guide to Love and Murder
Hedwig and the Angry Inch

で、これらのサントラの曲を、お勉強の題材にして、内容理解を、しようと思ってます!

順不同、自分が気が向いたものからやって行くので、完全に自分のためですが、お暇な方、少しでも興味がある方がいらっしゃいましたら、お付き合いくださいませ。

で、初回はA Gentleman's Guide to Love and Murderの、いっちばん最初の曲から!
これは短いし、簡単だったので、最初に聞いただけでわかりやすかった~(≧∇≦)

A Gentleman's Guide to Love and Murder

は、昨年のトニー賞の作品賞に輝いたミュージカルでして。

貧乏人だと思っていた青年が、自分の母親は大金持ちの一族の人間だったと知り、爵位を得るために、自分より前の相続人8人を次々と殺して行く、と言うコメディです。
これだけだとコメディには聞こえないんですが、笑の要素が強いそうです←まだ観てないからさ

殺されて行く8人の相続人を、ジェファーソン・メイズと言う一人の役者さんが演じていると言うのも見所の一つなんだそうです。

それを聞いてトニー賞観た時から絶対観たい!と思ってたんです( ̄▽ ̄)

楽しみですふふふ。

して、ここからはこちらのミュージカルの一曲目、【A Warning to the Audience】の歌詞を引用させていただき、日本語で私なりに解釈して行こうと思います!


A Warning to the Audience

For those of you of weaker constitution

constitutionは体質、とか気質だから、
皆様の中で丈夫でない方、みたいな意味になるかな?

For those of you who may be faint of heart

faint of heartで臆病、なので、
皆様の中で臆病な方、かな?

This is a tale of revenge and retribution

revenge は復讐、retributionは報復なので、
これは、復讐と報復の物語

So if you're smart
Before we start
You'd best depart
You'd best depart


だから、あなたが賢いなら、
私たちが始める前に、
ここを離れた方がいいよ
ここを離れた方がいいよ

と言ったとこですかね。If you're smartは、悪いことは言わないから、みたいな感じでもいいのかな?和訳って難しい…_(:3」∠)_

An usher fainted in the aisle
A nun from Leicester lost her wits
You might avoid the first or second row


usher=案内係
nun=修道女、尼僧

案内係は通路で卒倒し、
レスターから来た修道女は知恵を失う
1列目と2列目は避けた方がいいですよ

Blood may spill
And spines may chill
It's ghastly - still
We thought you ought to know
It's only just past eight
It's not too late
For God's sake!
For God's sake
For God's sake go!


chill=身震いを伴う寒さ、冷たさ
ghastly=身の毛もよだつ

血が流れるかも?
背筋が凍るかも?
身の毛もよだつよ
知っておいた方がいい、
まだ8時を過ぎたばかりだ
遅すぎることはない

お願いだから
後生だから
お願いだから行って!!


こんなところですかね。
この曲に関しては、ただ聞いてるだけでもなんとなく何がいいたいかはわかったので,予習も楽だったけど、知らない単語もいっぱい…_(:3」∠)_
勉強します…

出発までに何曲できるか?!
頑張ります!!!

それではまた!\(^o^)/



.16 2015 英語学習 comment2 trackback0

I can't take it anymore!(≧∇≦)

先日、久しぶりに英会話のレッスンを受けに行ってきました\(^o^)/

地味に一か月半ぶり…σ^_^;

サボっていたわけでもないんですが、地元に帰ったりしていて、休みをそこにつぎ込んで、他に余裕がなかったというか…σ^_^;

前回、最後のレッスンで、バイリンガルなインストラクター、
…仮に彼を"シェルドン(仮)"と名付けましょうか…
アフリカ系アメリカ人なので、CSI:NYのシェルドン・ホークスからw

シェルドン(仮)に、RWBYのep8での分からない所を質問していたのです。

WeissがRubyを助けた後のくだり("You are so childish!"で始まる所)で、最後、Rubyがかみしめながら、

「のーまるにーず」

って言ってる所を「normal needs」だと思っていた私には、イマイチ意味が分からなかったのです。

"のーまるにーず"に関しては、ep1の後半で、Yang姉とRubyの会話で出てくるので、そこの意味を汲み取れてないから分からないのかも?と、言う話もシェルドン(仮)にしておりました。

…で、あっという間の一か月半w

こちとら聞いたままにはしませんぜw

Twitterで騒いでましたが、ep1の会話から、"bee's knees"と言うイデオムを見つけ、最高のモノ、うってつけのモノ、と言う意味だと学習しました。

Rubyが言う、
"I don't wanna be the bee's knees.
I don't wanna be any kind of knees.
I just wanna be a normal girl with normal knees."

は、言葉遊びというか、bee's kneesに対して、keesを使って、特別じゃなくて、普通の女の子で居たい、的な意味だったと解釈しておりました。

そんな事は知らないシェルドン(仮)。
一か月半の時を経て、のーまるにーずの答えを教えようとしてくれました。

で、私も調べて、needsじゃなくてkeesだって分かったよ!言葉遊び?みたいな感じなんだよね?と確認すると、

Exactly!

いただきました\(^o^)/

嬉しい(≧∇≦)
ただ教えてもらうだけじゃなく、自分でたどり着いた答えが、あってると言われた時の幸福感…!

ありがとう、ありがとうシェルドン(仮)・゚・(ノД`;)・゚・

で、毎度の事ながらレッスンは雑談で終わります←

しばらく会ってなかったので、お互いの近況報告。

私は地元に帰っていた事、
とうとうカリフォルニアのディズニーランドに行く事を伝え、
(初めて会話の文脈で"Guess what?"を使ったよ\(^o^)/)
シェルドン(仮)はトルコ旅行の画像を見せてくれました。


泊まったホテルとか、カッパドキアの画像、ヒエラポリス-パムッカレと言う、世界遺産の画像を見せてもらいました。

もちろん画像も印象的だったんだけど、私に見せようと思っていた画像を探している時にシェルドン(仮)が言う、

Where are you, my friend....?

が、英語的な感じですごく印象的だったw

画像も友達!←違いますw

そして、私のカリフォルニア行の話に。

英会話を習い始めた時からずーーっとWDWに行きたいと言っていた私に、なぜ、今、決心したの?との質問が。

んで、たどたどしく答える私。

I've wanted to go to WDW for long time, but I couldn't decide.
And one of my friends went to WDW 2weeks ago.

で…もう、居ても立ってもいられなくて、どうしても行きたくなっちゃって…!(≧∇≦)

と、言いたいけれど、英語が出ない。

I....I...can't stop...going…?いや違うな…(これじゃ何回もいってて行くのやめられないだよな…ヽ(;▽;)ノ)…何だろ…

などと、日本語交じりつつ悩んでいると、日本語も堪能なシェルドン(仮)は、

You couldn't take it anymore?

と、助け船をくれます。

辛抱たまらん
♪───O(≧∇≦)O────♪

って感じだよね!!!
そうそう、まさにそれ(≧∇≦)

怒って、もぉぉぉぉお、許さん!!

って言う時にも使うよね?!
Yang姉が良く言ってるwと言ったらシェルドン(仮)、確かに、と笑っておりましたw

なんとなく
I can't take it anymore.

の意味が理解できた\(^o^)/

どんどん使っていかねば( ̄+ー ̄)

I can't wait for going to DLR! XD
I can't take it anymore!!

あと一ヶ月ちょい、待つしかないけどね~\(^o^)/

で、何でWDWじゃなくてDLRなのか、と言う話もw
ずっとWDWに行きたい、って言ってたからねw

今、看護師不足で、連休が一週間しか取れなくて…と説明。

今年度、の言い方が分からなくて詰まる…!
そもそもアメリカは4月始まりじゃないし…。
this yearだと、12月までになっちゃう。3月まで、と言う、今年度、って英語は何かしら…?
と思い、訊くw

fiscal year

だそうです。だから、

My boss asked me to work 18times a month till this fiscal year ends.
So, I can't take over one week vacation.

One week is too short to go to WDW. But I think I can go to DLR for a week!

と。こんなすんなり出てこないけどね(−_−;) 演出、演出…←

まぁ、今年度中は月に18回働いて欲しいと言われてるから、一週間以上の休みを取れなくて、それだとWDWに行くには短いから、DLRにしたの。
と、言いたかったわけです\(^o^)/

すると、シェルドン(仮)、18回働くのは、続けて18回働いて、そのあと全部休みにはできるの?と聞いて来たため、それは出来ないの…と答えます。

I can't work over 5days in a row.
I have to take a day off every 5days.

in a rowは、連休、と言う言い方の時に習ったので、これでも良いのか迷いつつ言ったけど、使い方としてはあっているらしい\(^o^)/

まぁ、あくまで勤務表上の連続勤務なんだけどねw
そこらへんは説明が混み入るので割愛←コイツ諦めたw

11月はもっとガンガンレッスン入れて、DLRで使える英語のおさらいしないとなw

結局今回もテキストを開かずに終わったふたコマなのでしたσ^_^;

次回はちゃんとテキストをやる!(◎_◎;)
.30 2013 英語学習 comment0 trackback0
 HOME 

Profile

まる

Author:まる
Disney大好き。TDR共通年パ持ち。
海外ドラマ大好き。CSI、CSI:NY、BONES、gleeとかいろいろ。基本はクライムサスペンス。あとミュージカル。
最近RWBYにはまっております。
英語学習中。学習中だけあってまだまだな英語力。

Latest trackbacks

Thank you for coming

Search form

QR code

QR